2010年03月09日

ハプスブルク家の栄華 神戸でオーストリア大宮殿展始まる(産経新聞)

 絢爛(けんらん)豪華な宮廷生活がよみがえる「ハプスブルク帝国の栄光 華麗なるオーストリア大宮殿展」が2日、神戸市中央区の関西国際文化センターで開幕した。

 ヨーロッパの名門ハプスブルク家は、13世紀後半から20世紀初頭まで約640年にわたり君臨。オーストリア各地には同家の栄華を物語る数々の宮殿がある。その家財、美術品を統括・管理するオーストリア王宮家具博物館が全面協力。今回は18世紀の女帝マリア・テレジアから19世紀最後の皇后エリザベートゆかりの絵画、工芸、食器、家具、宝飾など約200点を展示している。

 入場料は大人千円、高校・大学生700円、小・中学生300円。午前10時〜午後5時。28日まで。8、15日は休館。

【関連記事】
彩り鮮やか 全日本アートサロン絵画大賞展
司馬遼太郎の絵心満載、取材ノート 記念館きょうから公開
米国生まれ、ポップなカラーの妖精「ポップルズの世界展」
鯖江市資料館が「まなべの館」にリニューアル
齋藤さだむ写真展「TRANSIT ZONE」
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<訃報>鈴木成文さん82歳=元神戸芸術工科大学長(毎日新聞)
<訃報>田辺博通さん87歳=元国税庁長官(毎日新聞)
<虐待>食事与えず5歳長男衰弱死、あざも 父母逮捕 奈良(毎日新聞)
元IBM営業マンが手を染めた禁断の“赤黒転換”(産経新聞)
「憂慮すべき事態」=愛子さま欠席に学習院(時事通信)
posted by ニシオ ショウイチ at 09:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。