2010年01月28日

<身体拘束>賠償認めず、患者側が逆転敗訴 最高裁判決(毎日新聞)

 入院患者をベッドに拘束したことの違法性が争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(近藤崇晴裁判長)は26日、身体拘束を違法と認めた2審・名古屋高裁判決(08年9月)を破棄し、患者側の請求を棄却した。患者側逆転敗訴が確定した。

 訴訟は岐阜県大垣市の女性(入院当時80歳、死後に遺族が訴訟承継)が、ベッドに縛り付けられ心身に苦痛を受けたとして、一宮西病院(愛知県一宮市)を運営する医療法人「杏嶺会」に600万円の賠償を求めた。2審判決によると、腰痛などで入院中の03年11月、深夜に興奮状態が収まらず、看護師にひも付き抑制具で約2時間拘束され、手首などに傷を負った。

 1審は請求を棄却したが、2審は70万円の支払いを命じていた。【銭場裕司】

【関連ニュース】
いじめ訴訟:病気との因果関係認める 最高裁が差し戻し
政教分離:「神社に市有地提供」20日に最高裁大法廷判決
社説:市有地に神社 最高裁の「違憲」は妥当だ
ひと:須藤正彦さん 弁護士から最高裁判事に就任
政教分離訴訟:「市有地に無償で神社」は違憲 最高裁

【鉄道ファン必見】引退の花道、デハ702「さよなら運転」 銚子電鉄(産経新聞)
<無理心中>妻と子供2人死亡 夫を殺人容疑で逮捕 大阪(毎日新聞)
救世主の実力は?! 記者が体験搭乗「FDA機」 日航撤退後、松本空港に就航(産経新聞)
<サイバー攻撃>対処担う「企画調整官」新設…防衛相が意向(毎日新聞)
江戸川で郵便局強盗 500万円奪い男が逃走(産経新聞)
posted by ニシオ ショウイチ at 18:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。